地域金融とは、ある特定の地域における住民や事業者、法人に行われる金融活動のことである。

主にその担い手としては、信用組合、信用金庫、地方銀行などが挙げられる。

具体的には通常の金融活動と同じく「預金」「融資」「為替」業務のことであるが、サービス対象は、その地域の関係者に限られる。

特に「融資」は重要で、大手の都市銀行では取引対象とならないが、地域の存立には欠かすことのできない中小企業や小規模事業者を顧客とする。

地域社会の発展・維持なくして、地域金融及び地域金融機関の繁栄はないのである。